• HOME
  • ブログ
  • 音楽
  • 「ナイトオンザプラネット」クリープハイプの歌詞の意味と映画との関連性
「ナイトオンザプラネット」クリープハイプの歌詞の意味と映画との関連性

「ナイトオンザプラネット」クリープハイプの歌詞の意味と映画との関連性

「ナイトオンザプラネット」クリープハイプの歌詞の意味については、2022年に公開予定の映画の主題歌として決まっていることもあり、把握をしておきたいですね。

今回は「ナイトオンザプラネット」クリープハイプの歌詞の意味と、映画との関連性を詳しくお伝えしていきましょう。



映画について

「ナイトオンザプラネット」は2022年早春公開予定の『ちょっと思い出しただけ』の主題歌として起用されることになりました。

この映画の監督は、今までクリープハイプと共に多くの作品を作り上げてきた松井大吾。主演については池松壮亮そして伊藤沙莉のW主演です。

二人の初共演が実現したというのも、この映画の見どころとして注目したいポイントでしょう。

歌詞の意味について

夜に対して行かないでほしい思いを持ち、朝が来た時には心の中の思いを溶かしてきたのです。自分の中に引きずっているものがあるけれど、忘れようとしているのでしょう。

でもどうしても苦しさを感じるものなのです。そして結果として、今もこうして待ち続けているのでしょう。

映画のポスターは窓の近くにある花の隣に、額縁に入れて飾っているのです。吹き替え版よりも字幕の方を二人で選んで、映画を観た記憶を自分の中でたどっているのです。

記憶を振り返ると恥ずかしくなって、早送りしたいと思ってしまうのです。夜を忘れたくない、でも朝ですべて消してしまおうとするのでしょう。

甘さが残っているのです。そして待ち続けてしまう。時間が止まってほしいと感じる、できれば自分の足元を、光で照らしてくれたらいいのにと願うのです。

自分の心の中で、映画の場面を思い出すのです。帰り道に雨に濡れたけれど、乾かそうとしている中で現実を感じるのでしょう。

その中で久しぶりに映画を観たのですが、思っていたものとは違う気がするのです。だからこそ思い出す場面があるのでしょう。

大切な人と過ごして一緒に観た映画だから、自分の中に残るものがあるのかもしれません。どこか虚無感がある、でもこれが現実だと受け入れるしかないのです。

 

切なさと哀愁を感じる曲に

心の中にある思い、それは自分にしか分からないほど苦しいものかもしれません。イントロから引き込まれるような魅力を感じる曲です。

そしてこれから先に、自分がどう歩んでいくのかについて迷う気持ちもあるのでしょう。でも日々は迷ったり悩んだりすることが多いもの。

この気持ちに寄り添ってくれる曲になっているので、夜に一人で静かに聴いてみるのもいいですね。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね!

>>>DISH//「ありのまんまが愛しい君へ」の歌詞の意味と曲の魅力について



関連記事一覧