「ベテルギウス」優里の歌詞の意味とドラマとの関連性

「ベテルギウス」優里の歌詞の意味とドラマとの関連性

「ベテルギウス」優里の歌詞の意味については、ドラマの主題歌になっていることからとても注目されています。

優里の高い歌唱力にて「ベテルギウス」がどのように表現をされていくのか、期待が高まりますね。

今回は「ベテルギウス」優里の歌詞の意味と、ドラマとの関連性について詳しくお伝えしていきましょう。



ドラマについて

「ベテルギウス」はフジテレビ系木曜劇場ドラマ『SUPER RICH』の主題歌として書き下ろされました。

ドラマはお金持ちであっても愛に飢えているように感じる女性と、お金に困っているけれど愛に満ちている男性との出会いがメインとした話になります。違う境遇にて育った二人が出会い、共に成長をしていく姿が魅力でしょう。

『THE FIRST TAKE』

「ベテルギウス」は『THE FIRST TAKE』にて初解禁されました。そして後悔1日で200万回再生を突破したのです。

更には後悔して約1週間にて、500万回再生を超えるなどの勢い。優里への期待と曲に対して触れたい視聴者の想いが伝わってきます。

 

歌詞の意味について

空に見つけたものを気にしていたら、大切な人が星について教えてくれた記憶を思い出す曲の中の主人公。

一緒にいる二人と同じように、寄り添ってみえるのです。何度もぶつかりながら、過去の光が星そのものさえ忘れてしまった頃に、届いていると感じるのでしょう。

お互いに見つけ合うことができたのです。そして同じ場所にて輝こうと約束をした二人。これはまるで魔法のように、繋がっているのです。

手を取って歩いて行く、そして辛くても泣かないことを誓いながら。ベテルギウスに祈りと永遠を感じているのでしょう。

過去を振り返りながら考えて居るのです。大切な人が隣にいてくれる幸せは、まるで星のように光りながら繋がりを感じるもの。

どこまで歩めるのかと大切な人が不安になる時でも、自分が隣にいることを伝えるのです。見えていない線でも、まるで星座のように繋がっていくのでしょう。

星はまるで二人の存在のように、繋がりながら星座として輝き続けるように思えるのです。

 

綺麗な言葉が魅力の曲に

メルヘンを感じる中にも、大切な人への愛情があることが伝わる曲になっています。これから先に何があっても、まるで星のように永遠に輝き続けられるのでしょう。

それは二人が一緒にいるからできることだと、確信を持っているように。星や月の世界はとても女性が好きな存在ですよね。

この曲も男性が大切に想う女性と二人で聴いたり、女性が好意を持つ男性を思い浮かべながら聴いたりするのも素敵でしょう。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>「Anniversary」平井大の歌詞の意味とラブソングとしての魅力とは



関連記事一覧