LiSA×Uru「再会」の歌詞の意味と神曲と呼ばれる理由

LiSA×Uru「再会」の歌詞の意味と神曲と呼ばれる理由

LiSA×Uru「再会」は、YOASOBIのコンポーザーとしても活躍するAyaseが作詞作曲を手掛けた曲です。

このため歌詞の意味についても、深く知ってみたいと思う人は多いはず。テレビのCMでも、とても美しい二人の映像が印象的ですよね。

今回はLiSA×Uru「再会」の歌詞の意味や神曲と呼ばれる理由について、お伝えしていきましょう。



声質が異なるからこその魅力

LisaとUruのそれぞれの声質の違いが重なることにより、どのような雰囲気になるのかとても気になるところです。

それぞれの魅力が重なり、イメージとしては最強の曲になるのではないでしょうか。実際に動画の再生回数も、かなりの数になっています。

この曲を今年の冬の曲と決めて、毎日聴いている人も多いかもしれません。

歌詞の意味について

大切な人と離れる時は、寂しくて切ない気持ちを感じるものです。そしていくつもの夜を越えて、気付けば季節は冬になっていたのです。

二人で見たいと思う景色についても、ただ一人で見つめているだけの日々。雪の中、大切な人を想い続けているのです。

離れているとしても、きっと同じ空が見えていると心に願いながら。優しい声を感じながら、その後に残る静かな時間。

世界がそこで切られてしまったように感じた夜を思い、また目を閉じるのです。人から見ると、くだらないと思われるかもしれない。

でも特別ではないありふれた日々であっても、二人で過ごしていきたい思いがあるのでしょう。

季節がいくつ過ぎたとしても、変わっていくようなことがあっても、隣にいたい相手がいるのです。

多くを望むのではなく、ただ隣にいるだけで幸せを感じられる愛情があるのでしょう。雪が積もるのを、まるで自分の想いが積もっていくように感じる時も。

そして今は近くにいない、遠い町にいる大切な人を心に浮かべるのです。触れ合えないとしても、想いが変わることはないのです。

振り返れば大切な人の声が響き、とても会いたくなるのでしょう。でもお互いに信じていれば、きっと繋がっていられるという思いがあるのです。

そしてこの季節が終わり、花が咲く日を二人で待ち続けていくのです。季節が変わり、春になればきっと笑顔でまた会えるという確信を持ちながら。

 

何度聴いても感動を覚える曲

この曲はとてもメロディーが綺麗で、歌詞も素晴らしいものです。そのうえ二人の歌唱力や表現力がまさに神のように感じるので、神曲と呼ばれるにふさわしい仕上がりなのでしょう。

今は会いたくても会えない人がいる、でもきっと会えるとお互いに信じ合えることで、心の距離の近さをきっと感じて過ごしていけるのでしょう。



関連記事一覧