「Not the End」安田レイの歌詞の意味と込められた思い

「Not the End」安田レイの歌詞の意味と込められた思い

「Not the End」安田レイの歌詞の意味はドラマの挿入歌として、書き下ろされた曲でもあるため知っておきたいと考える人も多いのでは。

今回はこの曲の歌詞の意味と、込められたメッセージについてお伝えしていきましょう。



ドラマについて

「君と世界が終わる日に」の挿入歌として、書き下ろされた曲です。絶望的な悲しみの中に一筋の光を見出すサウンド、そして歌声はドラマにとても合っています。

MVについても再生回数がかなり増えています。「THE FIRST TAKE」にて公開されたH ZETTRIOとのコラボによる曲の動画についても、再生回数をかなり伸ばしています。とても注目されている存在と言えるでしょう。

歌詞の意味について

これで終わってしまうわけではない、どうかそう思わせてほしい。ただ静かに、なくしていくものがあるのです。

でももし世界が壊れるようなことがあっても、約束していたこと。それが今もここにあると、曲の中の主人公は分かっているのでしょう。

どうすればよいのか分からず、絶望や孤独を感じているのです。このままではこの辛さに、おぼれてしまいそうに。

いつこのような苦しい時間は、終わるのでしょうか。教えてほしい気持ちがあるのです。これについては現代、そしてドラマとリンクしている部分なのです。

月が見えないような夜、隣にあった温もりが消えていってしまうのです。それなのに時間はただ流れ続けていく。現実を信じることができない、でも受け入れるしかない切なさ。

でももし自分の願いを叶えてくれるのなら、どんなに不安があったとしても大切な人との時間を守っていきたいのです。

このために進んでいく力を求めているのでしょう。会いたい、大切な人に。一人で過ごす夜は、あまりにも長く感じるのです。

でも声が聞こえないと感じたとしても、信じていたい思いがあるのでしょう。きっとあの日感じた香りを、また感じることができる。

そして風が吹き、二人の世界が響き合える瞬間がくると諦めたくないのです。もし世界が変わってしまっても、絶対に変わらないものがあるのです。

終わってしまうように感じたとしても、終わりではないということ。諦めていない曲の中の主人公の強さが表現されているのです。

 

ドラマや現代とのリンクについて

ドラマや現代とリンクされた曲だからこそ、心に響くものがあるのでしょう。絶望や苦しみで一杯になってしまう心。

でもその中でもこれで終わるわけではないと、信じる気持ちを持ち続けたいのです。その強さをこの曲により与えてもらえたと感じる人は、とても多いのではないでしょうか。



関連記事一覧