あなたの日々に役立つ情報メディア

menu

funpick

「リビングの松永さん」は完結しているの?あらすじなどのネタバレ内容

「リビングの松永さん」は完結しているの?あらすじなどのネタバレ内容

『リビングの松永さん』は、もう完結している作品なのでしょうか。講談社・デザートという少女漫画誌にて連載中で、とても人気のある作品です。

作者は漫画家の岩下慶子先生で、その代表作が今回ご紹介する『リビングの松永さん』。完結しているかどうか、とても気になっている人は多いでしょう。

それでは『リビングの松永さん』のあらすじやキャラクターの魅力などを、詳しくお伝えしていきますね。



あらすじ

高校二年生の春、主人公の園田美己(そのだみこ)は、両親と離れてシェアハウスをすることになりました。

街で偶然出会ったデザイナーの男性・松永純(まつながじゅん)に対する第一印象は「怖そう」で、あまりよいイメージを持っていませんでした。

しかし生活を共にする大人たちは、優しそうな人が多かったのです。隣の部屋で生活することになった松永さんは独特な雰囲気があり、最初の頃は苦手意識を持っていた美己。

皆で暮らし始めてから、彼女がスマホを紛失した時に「ピンチもシェアする」と親身になって助けてくれた松永さんに、優しい人というイメージを持つようになりました。

美己は彼から「ミーコ」という愛称で呼ばれ、シェアハウスに少しずつなじんでいけそうな状態です。

 

登場人物について

『リビングの松永さん』と、タイトルにも名前が含まれているように、シェアハウスの住人の一人・松永純がこの漫画のヒーローです。

彼は情熱的な性格で、少し怖いところもある人物ですが、何かと世話を焼いてくれる優しいタイプ。職業はデザイナーで、たくさんの人に感動や喜びを与える仕事は、松永さんの性格に合っているかもしれません。

主人公の園田美己はキャラが濃すぎないところが魅力で、読者は自分がヒロインの立場になったかのような気持ちで、作品を楽しむことができるでしょう。

女子高生なので、デザートの読者と大体同じくらいの年齢。彼女の両親がおばあちゃんの介護をすることになり、突然シェアハウスをしなければならなくなってしまったのです。

叔父が管理している家なので、安心して暮らせる可能性が高いですが、新しい環境に慣れていくのは大変なもの。

そういう中で頑張っている姿を見ていると、読者だけでなく主人公を囲む登場人物たちも、彼女のことを応援したくなります。

またネイリストをしている大貫朝子(おおぬきあさこ)、大学生の北条凌(ほうじょうりょう)など、魅力ある登場人物がたくさんいます。

そして一緒に暮らしている猫のサバコも、可愛らしいキャラクターです。作品の中にペットが出てくると和み、読んでいて癒される場合も多いでしょう。

 

このコミックの魅力

『リビングの松永さん』は、まだ完結していないコミックです。既刊8巻ということでかなりボリュームがあり、内容的にも楽しみやすい作品だといえるでしょう。

この漫画の最大の魅力は、ヒーローが男らしくて頼れるところ。少女漫画に登場する男子キャラクターは、カッコよさもありますが女子キャラクターと同じような繊細さがあり、すぐには頼りづらいところもあったはずです。

しかし松永さんは、ヒロインの美己より年上ということもあって精神年齢が高く、とても信頼できる人柄なのです。彼と一緒にたくさんの難題を乗り越えていき、次第に恋愛感情を抱くというストーリーに魅力を感じる読者は多いでしょう。

また「スーツを着ている男性に憧れる」という女性は多いですが、松永さんはデザイナーの仕事をしていますので、基本的にカジュアルなファッションの描写が多くなっています。

大人の余裕が感じられるキャラクターもよいのですが、松永さんは厳しいところもありながらも美己には甘く、一緒に寄り添いながら生活を共にしてくれるタイプ。

とても一途な男性で、面倒見もよいので「シェアハウスをする仲間に松永さんがいたら、好きになってしまいそう」と想像する読者もたくさんいるかもしれません。

 

リビングの松永さんに興味を持ちやすい人の特徴

「リビングの松永さん」は完結しているの?あらすじなどのネタバレ内容『リビングの松永さん』はまだ完結していない作品なので、今後どのように展開していくかがわからず、とてもドキドキしてしまいますよね。

このコミックを読んではまりやすいのは、まず年上の男性が好きな人。『リビングの松永さん』を読むことにより、年上男性との恋愛模様について考えられる場合も多いのです。

また登場人物同士が揉めていたり、険悪なムードだったりするのが苦手な人は、平和なイメージが強い『リビングの松永さん』に興味を持ちやすいでしょう。

 

今後の展開が楽しみ!

現実には存在しないような完璧すぎるキャラクターでなく、親近感も覚えさせてくれるカッコいい年上男性・松永さんと、初めて会う大人たちとシェアハウスをすることに戸惑いながらも、ゆっくりと絆を深めていく努力をしている女子高生・美己。

読んでいると青春特有のもどかしさを感じられ、思わずときめいてしまう作品です。「彼らとシェアハウスしてみたい」「こんなキャラクターが、実際に存在すればいいのに」と、読者の想像を掻き立ててくれる素敵なコミックですね。



関連記事

☆姉妹サイト

姉妹サイトもお勧めです!

☆占い・恋愛心理系
precious heart

☆転職・仕事系
CAERRE NOTE