あなたの日々に役立つ情報メディア

menu

funpick

ウルフルズの新曲の歌詞とは?「サンシャインじゃない?」の魅力について

ウルフルズの新曲の歌詞とは?「サンシャインじゃない?」の魅力について

ウルフルズの新曲の歌詞について、もっと深く知りたいと思う人もいるのではないでしょうか。

ウルフルズは5月20日に新曲「サンシャインじゃない?」のプロモーションビデオを公開しました。この曲はダスキンのテレビCM「くらしのリズムを整えよう♪」シリーズのCMソングとして、書き下ろされたものです。

今回はこの曲の歌詞の意味や魅力について、お伝えしていきましょう。



家事をしながら聴ける楽しい曲

この曲を聴きながら、家事やお掃除をするのもとても楽しそうですね。自然に体が動いて、とてもはかどるかもしれません。

普段は辛いと感じるような家事でも、この曲を聴きながらまた違った気持ちで進めていけるはず。

このような曲は、あまり見つからないですよね。やっと見つけられたと思い、嬉しい気持ちで、毎日聴きながら家事をしている人もいるかもしれません。

ウルフルズの安定した歌唱により、見守ってくれているように感じる曲でもありますよね。イントロからとても楽しい雰囲気で、これから何が始まるのだろうと思うようなワクワクした気持ちになれる曲でもあるでしょう。

 

歌詞の意味について

眠りたいけれどなぜか眠れないそんな夜。なぜか心がモヤモヤしてしまうのです。この思いが止まらない、曲の中の主人公なのでしょう。

でもこうなってしまうのは、気になる相手のせいでもあるのです。とにかく心の中に溜まっているものは、出してしまった方がよい時もありますよね。

人と自分を比較して、気にしてしまうこともあるでしょう。でも自分は自分なんだと思うのが、とても必要なのです。

春そして夏、あっという間にすぎてゆく一年。秋や冬もすぐにやってくるのです。でもだからこそよいのです。このように思う気持ちがあるのでしょう。

「しんどいと思う気持ちさえ、楽しむことができるんだよ」と励ましてくれている曲でもあるでしょう。

 

家事と関連したイメージ

ウルフルズの新曲の歌詞とは?「サンシャインじゃない?」の魅力について汚れていてもよい匂いのものもある、自分自身に勢いをつけて強く動いてみよう。サイレンで吠える犬。階段で猫を踏んでしまった。

これはまるで日常にあるような風景ですよね。人生はまるでハイウェイのようなものだと、曲の中で教えてくれています。

ふと見上げてみると空には星があるのです。そして大切な人の歌が聞こえてきます。心にはサンシャインが。

これが思い込みだとしてもいいんじゃないと、心が明るく軽くなるように導いてくれているのでしょう。

これでいいんじゃないと思うことは、世の中に実はとても多くあるのです。このように思えると、しんどいと思う出来事でも楽しめるような気がしますよね。

ほんの少しだけ、でも一所懸命やるのも時には必要なのです。でもこればかりでは、大変ですよね。続けるのはとても辛いものなのです。

時には風にまかせるように、動くのもよいかもしれません。適当という言葉が、苦手な人もいますよね。でも適当に動いてみるのも、時には必要なのでしょう。

心地いいと思えるような場所があれば、これはとても素敵なことですよね。自分が笑うと大切な人も笑う。

でも自分が泣いても大切な人は笑うのです。でもそれはそれでいいんじゃないと思えるのは心に余裕があり、大切な人が近くにいればよいと思えるからかもしれません。

こうでなければいけないこと、それはとても少ないのかもしれないと、この曲を聴いて思う人は多いでしょう。特に家事については、あまり完璧を望みすぎても疲れてしまいますよね。

これでいいんじゃないと思えるような、こういう家事の仕方をしていくのもよいかもしれません。これは日々を生きていくことにも、つながっているのです。

 

スケールの大きなPV

この曲のプロモーションビデオは、とてもスケールが大きいです。見ていて飽きることなく、楽しみながら曲を聴けるでしょう。

でも楽しむだけではなく、心に響くものも感じるのです。短い言葉の中に込められている思い、これがとても大切なもののように聴いていて思う曲でしょう。

プロモーションビデオは、とても凝った作り方になっています。まるでドラマを観ているような気持ちになります。

山小屋のような場所での生活の中で、彼らは暮らしているのです。そして音楽が自然に寄り添っているように感じるPVです。

彼らの性格や人柄は、どのような感じなんだろうと想像しながら見ることもできます。そして実際に見た後に、とても不思議な気持ちになるでしょう。

曲の軽快な雰囲気、そして映像のインパクトの強さ。これが重なるため、PVはとても豪華なものになっているのです。

 

まとめ

ウルフルズの新曲の歌詞の意味については、自分なりに解釈できる自由さも秘めています。必ずこうだというように押しつけてくる歌詞ではなく、もっと心が楽になるような歌詞ですね。

このような曲だからこそ、日常の束縛感を忘れることができるのでしょう。このままでいいと思える、あまり考え込まなくてもよいのかもしれないと自分を開放できるような曲なのです。ある意味、これは応援歌なのかもしれないですね。



関連記事

☆姉妹サイト

姉妹サイトもお勧めです!

☆占い・恋愛心理系
precious heart

☆転職・仕事系
CAERRE NOTE