あなたの日々に役立つ情報メディア

menu

funpick

あいみょんの新曲の歌詞の意味とは?魅力について分析!

あいみょんの新曲の歌詞の意味とは?魅力について分析!

あいみょんの新曲「さよならの今日に」は、ニュース番組の新テーマ曲に使われています。ニュース番組で流れると、今日という日を振り返る気持になる人も多いのではないでしょうか。

今回はあいみょんの新曲の「さよならの今日に」の歌詞の意味、そして魅力について詳しくお伝えしていきますね。

あいみょんの作る歌詞について

あいみょんの作る歌詞は、日常生活の中の一部のように感じるものが多いです。人は色々なことを考え、そして悩みながら過ごしていくのでしょう。

でもこのままでいいんだと思える時、もしくはもっと高みを目指さなければいけないと思うような時も。

どんな感情であっても、感じた思いは自分だけのものなのです。これはとても大切なもの。これについて教えてくれるのが、あいみょんの曲と言えるでしょう。

だから人は、あいみょんの曲を聴くと心が落ち着いたり寄り添ってくれる優しさを感じたりするのです。

このままでいいのだろうか?こういう悩みについて、答えをくれるのがあいみょんの曲なのです。でも本当は心のどこかで、この答えについて気づいている自分もいるかもしれません。

この場所まで導いてくれたのが、あいみょんの曲だとするのならこれはとても嬉しいことですよね。

分かるようで分からないのが自分の感情や思い。そして今の自分のいる場所なのです。これについても分からないので、苦しむ人は多いでしょう。

でもきっと皆がこのように感じているのだと、あいみょんの曲を聴いて思うことは多いはずです。

 

「さよならの今日に」の歌詞の意味について

あいみょんの新曲の歌詞の意味とは?魅力について分析!泥まみれと表現する過去、どのような出来事が以前にあったのでしょうか。そしてこれが纏わりつくように感じる日々は、とても歩きにくいもの。

そしてこのような状態でも、ゴールのない山を登っていく自分がいるのです。人を好きになったこと、夢を見たことなどについても切り取るように、頭の中を巡る様々な思いがあるのでしょう。

明日は必ずやってくる、人はこう言いますよね。それについては十分分かっているのです。過去は過去だからと言われる時も。これについても、理解している自分がいるのでしょう。

分かっているけれど、でもやり直したいと思う気持ちがあるのです。何かを切り捨てそして今があるとしたら、もう一度というような言葉は言えない。これが我儘になってしまうから。

でもどこかで今も求める自分がいるのです。有名な人たち、手の届かないような人たちは、明日をどのように生きたのかについて思いを馳せるのです。

 

二番について

傷だらけの空のように感じる。これは心が傷ついているからかもしれません。空は自分の心を表現する時が多いのです。

でも今の自分の心を映し出す空は傷ついている、そしてとても心に染みるのです。河川敷をなぞって歩きながら、主人公は何を思うのでしょうか。

涙が出ることも知っていて、気持ちが戻らないことも分かっている。それなら辞めてしまいたいという思いもあるのです。

自分に残された何かで今が変わるとしたら、もう一度なんて言わないでおくかもしれない。でもそうではないから「もう一度」と言いたくなってしまうのです。

心のどこかで望む自分がいる、こういう気持ちを偉人はどう乗り越えたのかについて考えてしまうのでしょう。

吹く風にまかせて、目を閉じて踊ってみよう。そんな声がどこから聞こえてくるのです。ここで甘いカクテル色の空と表現するのが、優しい夕暮れのようで素敵ですね。

この声はどこから聞こえるものなのでしょうか。本当は自分の心の中から聞こえてくる声かもしれません。つまり自分はどうすればよいのか、既にもうわかっているのです。

だからこそ自分を見つめる時間は、作る必要があるのだとこの曲を聴いていて感じる人も。切り捨ててしまったものを拾い集めたとしても、二度と戻ることはない。

これについてはもうわかっている。でも何かを望んで求めてしまう自分がいるのです。明日はまたやってくる。それなら明日をどう生きればよいのだろう。こう思いながら「今日」を歩いていくのです。

 

もしこう生きたのなら

過去を憂う時、もしあの時こうしていたのなら…と思う時があります。でもこの過去はもう戻ることはない、自分で切り捨てた過去でもあるから。

こういう自分を理解しながらも、どこか「これでよかったのだろうか」と思う自分がいるのでしょう。

これでよかったと胸を張って言える自分になりたい、こう思う気持ちがあっても簡単に割り切れるものではないのです。

どちらの道に進んだのかで、現在が大きく変わっていると感じる瞬間もあるでしょう。でも選んだ道だから、今さら変えることはできないのです。

これについてもよく分かっているのでしょう。だからこそ鈍い足取りであっても、歩んでいこうとするのです。

この道を選んだ自分、そしてこれからの自分について考えていこうとするのがこの曲の主人公なのです。

だからこそこの曲を聴くことにより、同じように歩んでいこうと励まされる人は多いのでしょう。

関連記事

☆姉妹サイト

姉妹サイトもお勧めです!

☆占い・恋愛心理系
precious heart

☆転職・仕事系
CAERRE NOTE