「Merry-Go-Round」MAN WITH A MISSIONの歌詞の意味とアニメとの関連性

「Merry-Go-Round」MAN WITH A MISSIONの歌詞の意味とアニメとの関連性

「Merry-Go-Round」MAN WITH A MISSIONの歌詞の意味については、アニメのオープニング曲として起用されるということからも、把握をしておきたいと思う人は多いですよね。

今回は「Merry-Go-Round」MAN WITH A MISSIONの歌詞の意味、そしてアニメとの関連性を詳しくお伝えしていきましょう。



アニメについて

「Merry-Go-Round」はテレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」の第5期第2クールの新オープニングテーマになりました。

とてもドラマティックで力強いサウンドになっているので、聴く価値のある曲と言えるでしょう。

そしてタイトルから連想されるように、目標となる人物の背中を追いかけても、近づかない思いを表現しているのです。この思いが心に巡っているのでしょう。これについてもアニメの世界観とマッチしているのです。

歌詞の意味について

聞いてほしいと感じる大切な存在がいるのです。心を込めた運命について。永遠を信じて夢を見ていたけれど、結果として深く傷ついてしまったのです。

関係ないと伝えて、逃げたうえで高い場所から見ていたい。でも自分は貝のようになれない。そして高い場所から見ることなど望んでいないのです。

自分の強さも弱さも抱えたままで、ここから始めていけばいいのです。一人で立っていられると感じるのでしょう。これ以上悲しまずに、世界に対して向き合っていくと決めたのです。

回転木馬は上下して、そしてとても速く走るのです。近づきたい存在がいる、でもこれをとても難しいように感じているのでしょう。

メリーゴーラウンドは周り続けているのです。背中を見続けてきて、憧れを抱いてきたのです。

それでも近づくことができない存在。失ったり抗ったりするような時もあるのです。でもきっといつか憧れの人のように、笑顔になりたいという願いがあるのでしょう。

何度も悔やみ、そして涙をしてきたのです。そんな時でも諦めたくない、負けないと自分を信じてきたのでしょう。

未来には自分たちも、闘いに勝てるようになれる。そして勝利の涙を流せるのです。いつもそして今も、立ち上がっていきたいのです。憧れの存在のように、大切な人を守れる自分になりたいと思っているのでしょう。

 

憧れとなる存在について

自分にとって、手が届かないほど輝いている存在があることも。見習いたい、尊敬しているなどの言葉では表現できないのです。

自分がその人になろうとしても、なれないかもしれない。でもこれからも見つめ続けていき、努力をしていけばきっと、自分は変わることができるのです。

このきっかけを与えてくれる相手と出会えた、それはとても素晴らしいことでしょう。



関連記事一覧