AI「アルデバラン」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

AI「アルデバラン」の歌詞の意味とドラマとの関連性について

AI「アルデバラン」の歌詞の意味については、ドラマの主題歌として起用されていることもありとても注目されています。

ドラマが放送される前から、既に涙しているという人がとても多いこの曲。今回はAI「アルデバラン」の歌詞の意味と、ドラマとの関連性について詳しくお伝えしていきましょう。



ドラマについて

AI「アルデバラン」は、NHK連続テレビ小説『カムカムエデヴリバディ』の主題歌として起用されています。

このドラマは、祖母と母と娘の3世代の歴史を描いた内容が特徴です。岡山と大阪と京都それぞれを舞台にして、ラジオ英語講座の発展に対して人生をかける主人公たち。

このドラマは100年に渡る物語になっているので、これに対してもとても興味深いですね。時代を経ても変わらないもの、そして進化していくものがあるのです。

それぞれの女性たちがどのように考えて日々を生きてきたのかについて、これから知っていきたいドラマでもあるでしょう。

「アルデバラン」の作詞作曲について

「アルデバラン」はアラビア語で、後に続くものをという意味があります。ここから既にドラマの内容に合うと感じるでしょう。

そして作詞と作曲は森山直太朗が手がけています。今までも多くのアーティストに楽曲提供をしてきているのですが、AIとのタッグはこの曲が初めて。

イメージ的に相性がよいのかどうかと、考える人は多いかもしれません。でも実際にはとても相性がよいのです。

フォークやカントリーをメインとした森山直太朗の音楽性、そしてR&BやヒップホップをルーツとするAIのボーカル。

この融合により、曲がとても素晴らしいものになるのです。AIの歌唱力や表現力は元々かなりレベルの高いものですが、今回の曲により更にそれを感じる人は多いのではないでしょうか。

 

歌詞の意味について

仲良くなりたい、でもこれが可能なのかどうかと思う相手がいるのです。せめて世界が終わる前には、心を近づけたいと考えているのでしょう。

花は永遠に咲くのではなく、枯れてしまう。だから今自分ができる全てのことを、努力しながら行いたいのです。

大切な人の笑顔が見たいのです。このような時代だから、明るくていてほしい。大切な人が大事に思う人と、共に幸せであるように歌に祈りを込めるのです。

見上げると星が見えるのです。そして涙がこぼれるのはなぜなのか、自分を見つめることで分かるかもしれない。

必ずまた会うことができる、だから自分の心が向かう方向に進んでいってほしいのです。人とのつながり、そして自分の思いを糸のようにして紡いできたのでしょう。

騙されたり苦しんだりするような時代の中でも、負けることのない自分でいたいのです。明日という日に対して、不安を感じているとしたら、自分も同じだと伝えたい思いがあるのでしょう。会えない時間はとても静かに感じて、まるで永遠に続くように思えてしまう時も。

でもその時の辛さがあるから、愛情を感じることもあるのです。だから笑顔でいてほしいと思えるのでしょう。

このような時代を嘆くよりも、明るく逞しく生きてほしい。祈りながら歌う時に、その歌が届くことを心から信じているのです。

新しい日々はとても素敵なものになる、そう思いながら共に歩んでいきたいのです。信じる思いと愛情を心に持ちながら。

 

メッセージ性の強い素晴らしい曲

ドラマチックなイントロからスタートする曲です。まるで物語の朗読を聴くように、大切な言葉が心に響いてくると感じられるでしょう。

AIだからこのように表現できていると思いながら、毎日この曲を聴こうと決める人もいますよね。

優しくそして温かく背中を押してくれて、抱きしめてくれるような曲になっているのです。辛さを感じた時にもこの曲を聴くことができれば、きっと歩んでいけると思うことができるでしょう。

 

☆こちらの曲も聴いてみてくださいね。

>>>「ベテルギウス」優里の歌詞の意味とドラマとの関連性



関連記事一覧