• HOME
  • ブログ
  • DIY
  • 壁紙シールは白がおしゃれ!貼るだけのキッチンリメイクの魅力!
壁紙シールは白がおしゃれ!貼るだけのキッチンリメイクの魅力!

壁紙シールは白がおしゃれ!貼るだけのキッチンリメイクの魅力!

壁紙シールは白やグレーなど、色々なカラーやデザインがあり、近年手軽なDIYの材料として人気があります。貼るだけで全く新しい空間に変身できることは、DIYが苦手な女性やビギナーにもよいですよね。

家で毎日使う場所といえばキッチン。壁紙シールは「白」がダントツで人気があるのは、次のような魅力があるからなのです。



壁紙シールのメリットについて

キッチンの壁紙は調理中の油汚れや経年劣化で、いつの間にか白い壁が黄色くなっているということがありませんか。壁紙シールが近年人気になっているのは、気軽に室内の雰囲気を変えられるため。

タイル張りやクロス張替えを業者に依頼すると、種類によって値段は異なりますが、一般的な相場で1平方メートルあたり5,000円~15,000円といわれています。

コスト的にも壁紙シールは安いことが魅力。さらに特殊素材を使用した壁紙シールなら、白でもきちんと汚れを拭き取ることができるので、デイリーなケアも手軽です。

壁紙シールはステッカーのように裏面の保護シートを剥がして既存の壁に貼りつけるだけ。季節ごとにキッチンのリメイクをしたいという場合も、壁紙シールなら常に新鮮な空間が維持できます。

 

白の壁紙はどんなシーンにも合う

壁紙シールの白が人気なのは、あらゆるシーンで使えること。インテリアとの相性がよいため、迷った時は「白」が無難ですね。キッチンは清潔感を重視したい空間なので、カラーの壁紙よりも白でシンプルに統一したほうが素敵です。

さらに壁紙シールの白ならプリント柄がなく、乱雑に見えやすいキッチンをすっきり見せる作用も期待できるでしょう。キッチンだけでなくリビング、トイレなど、限られた空間も膨張色の白は実際のスペースよりも広く感じることが特徴。

塗装や壁紙の交換を検討している人も、まずは壁紙シールの白でリメイクしてから判断してみるのもオススメです。

白は汚れが気になる人も多いかもしれませんが、逆に色の濃い壁紙シールよりも白は傷が目立たないため、キッチンのような場所には最適な色といえるでしょう。

 

大判サイズが使いやすい

壁紙シールでキッチンのリメイクをする場合は、大判サイズのほうが貼りつける手間が少なく、広いスペースなら作業時間を短縮することができます。

大判サイズなら、場所に合わせてお好みサイズに調整も可能。キッチンのシンク周りなど、狭い箇所もカットして使えるため、サイズの大きな壁紙シールのほうが用途は広がりますね。

たとえば賃貸物件のキッチン。工事はできませんが、タイルの壁に大判の壁紙シールを貼り雰囲気を変えることも可能でしょう。

広範囲をDIYする場合も、目地の幅を含めて配置を考えた場合、大判サイズのほうがコスパはよくなる可能性があることも魅力ですね。

 

オススメの白い壁紙シールは?

簡単にキッチンの壁をリメイクしたい時にオススメなのは、CLACOMの「壁紙シールのレンガ3D立体壁紙」。50枚セットで変色・変形に強いXPE素材を使用しています。

色は壁紙シールで人気のあるホワイト。とても落ち着いたシンプルな白い壁に手軽にリメイクできるため、キッチンやリビングなど、暮らしのあらゆるシーンのプロジェクトに使えます。

初心者でも剥がして壁に貼りつけるだけの簡単作業。調理中の汚れもさっとひと拭きすると綺麗に。耐水性もあるので、シンクのバックスプラッシュ対策にもぴったりですね。

またサイズは77×70cmの大判サイズで、お好みにカットして使えることも特徴。気になる粘着力ですが、CLACOMの壁紙シールは一度貼ったら簡単に剥がれない粘着力が自慢なのです。

玄関や寝室などにも調和しやすいデザインで、本物のレンガが使えない場所でもOKですね。

 

まとめ

CLACOMは「消費者が本当に欲しいと思うものを提供」することがモットーなので、その気持ちが壁紙シールでも伝わってくるはず。空間が変わるだけで日常がさらに充実しますので、ぜひキッチンのDIYで気分転換してみませんか。

 

☆詳細情報はこちらです

amazon:壁紙シール(白)CLACOM