あなたの日々に役立つ情報メディア

menu

funpick

「恋する母たち」のストーリーや登場人物は?原作コミックも気になる!

「恋する母たち」のストーリーや登場人物は?原作コミックも気になる!

『恋する母たち』のストーリーは、豪華キャストが繰り広げる恋愛ドラマとなっています。原作は柴門ふみが手がけたコミックで、こちらもドラマの放送開始を機に、今まで以上に注目されているのです。

そこで今回は『恋する母たち』のストーリーやキャストについてお伝えしていきますので、今期の作品で何かしら観てみたいと考えている人などは、ぜひ『恋する母たち』をチェックしてみてくださいね。



「恋する母たち」のあらすじ

『恋する母たち』に登場するのは、私立の男子校に通う息子をそれぞれ持っている複数の母。石渡杏(木村佳乃)、蒲原まり(仲里依紗)、林優子(吉田羊)の三人が主要人物といえます。

彼女たちは各々悩みを抱えていました。夫が隠しごとをしていることに気づいていたり、私生活で刺激を感じられることが全くなかったり。

そこで杏は、親しい関係のまりから「意外とみんな不倫しているのよ」と驚きの事実を聞き、とても戸惑ってしまうのです。

実際に杏の夫・慎吾(渋川清彦)は、10年以上前に別の女性と駆け落ちをしています。そのことを初めて知ったのも、その女性の夫・斉木巧(小泉孝太郎)から聞かされたためでした。

杏と巧は、同じ立場にいることになります。そうして必然的に惹かれ合ってしまうなど『恋する母たち』では、それぞれの登場人物が「婚外恋愛」をする様子が描かれているのです。

 

登場人物やキャストは?

「恋する母たち」のストーリーや登場人物は?原作コミックも気になる!石渡家、林家、蒲原家と分かれてストーリーが進んでいく『恋する母たち』。石渡杏(いしわたりあん)は木村佳乃演じる穏やかな主婦で、夫と息子との三人家族で何不自由ない生活を送ってきました。

しかし旅行代理店に勤める夫・石渡慎吾(いしわたりしんご)が、由香(ゆか)という女性と共に失踪してしまったことにより、石渡家の毎日が様変わりしてしまったのです。

そこで現れたのが、由香の夫である斉木巧(さいきたくみ)。彼はとても誠実な男性で、配偶者に裏切られたという同じ境遇にある杏と、少しずつ親しくなっていきます。

巧は小泉孝太郎が演じていて、刑事ドラマや恋愛ものなど、幅広く起用されているからこその自然な演技を見せてくれることでしょう。

林家の妻・林優子(はやしゆうこ)は、大手食品メーカーの宣伝部課長というキャリアウーマン。今大人気の吉田羊が、このキャラクターを華麗に演じきっているのも見どころですね。

いつも仕事優先で生きてきた女性で、逆に夫が専業主夫をしている家庭です。夫はお笑いコンビ・おぎやはぎのツッコミを担当する矢作兼が演じており、役名は林シゲオ(はやししげお)といいます。

仲里依紗演じる蒲原まり(かんばらまり)は、夫の蒲原繁樹(かんばらしげき)が部下の女性と恋愛関係にあることを知っていながらも、直接追及することができていません。

繁樹はエリート弁護士で、玉置玲央が演じています。夫の裏切りに気づいているまりは、阿部サダヲ演じる落語家・今昔亭丸太郎からアプローチを受けており、心が揺らぎつつある状態。

それぞれの家庭に同世代の息子がいて、名前は石渡研(いしわたりけん)、林大介(はやしだいすけ)、蒲原繁秋(かんばらしげあき)といいます。

 

このドラマの魅力について

今時の主婦の本音が覗けるということで、かなり話題になっている『恋する母たち』。多数ある今期の番組の中でも、ドラマに興味のある人は特に注目したい作品といえるでしょう。

このドラマは、人気のある俳優陣がたくさん起用されているのが特徴です。木村佳乃、阿部サダヲなど、誰もが一度はドラマや映画を観たことがあるはずですよね。

さらに役柄と俳優陣の表情、演じ方とがマッチしているので、違和感を覚えることなく観られる人が多いもの。小泉孝太郎はいかにも真面目な男性という出で立ちで、作中でも曲がったことを嫌う人柄が窺えます。

そういう中で同じように誠実そうな杏(木村佳乃)に惹かれるのも、観ていてとても納得のいくストーリーのつくりですね。

また吉田羊も、キャリアを大切にする既婚女性という人物像をきちんと表現していて、家での過ごし方と職場での行動の仕方のギャップが、作品全体の魅力的なポイントにもなっています。

また、華やかな雰囲気をまとったキャラクターが合う仲里依紗についても、高級タワマンで暮らしている主婦の役がぴったりですよね。高校生の息子は親に反抗することが多く、成績順位も低いのですが、それでも強く生きる姿に心を打たれます。

原作の内容にも注目

原作の『恋する母たち』は、小学館・女性セブンでおなじみのコミック。柴門ふみは「想い出づくり。」や「金曜日の妻たちへ」からヒントを得たとコメントしています。

原作はドラマのストーリー通り、複雑な恋愛模様が描かれているのですが、脚本を大石静が担当しているのが驚くポイント。

原作コミックにもまた違うよさがありますので、ぜひご覧になってください。第1巻の発売は2018年中頃でしたが、既刊は7巻です。ボリュームのある内容になると期待できますので、ドラマと一緒に注目したいですね。

 

ドラマ公式HP:https://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/

 

SHOGAKUKAN COMIC「恋する母たち」:

https://comics.shogakukan.co.jp/book?isbn=9784098600304



関連記事

☆姉妹サイト

姉妹サイトもお勧めです!

☆占い・恋愛心理系
precious heart

☆転職・仕事系
CAERRE NOTE